たくの“FXエントリー”検証ブログ〜初心者から専業トレーダーへの道〜

カテゴリ
2009年08月18日

8月18日@

ポンド円 買

+24pips

いや〜今回はかなり焦りました。

そろそろ反転上昇すると予想していたので、私の見る信憑性の強い買いサインに乗ったつもりが‥
買った直後からレートが下がっていき含み損は最大100pipsに‥
ただ、ここで落ち着いてサポートやレジスタンスの切り上げ&切り下げの経過をみることができたので、戻ってくるまで待つことが出来ました。
−100pipsがプラスに転じた時は、涙が出そうでした!笑

今回の勝ちは大きな一勝だ \(^o^)/
posted at 10:08
Comment(0)
カテゴリー:“FXエントリー” 売買状況
エントリー:8月18日@

8月17日の結果

+84pips

ちょっと焦ったトレードもあったけど、今日もプラスです♪
利確はまだまだ課題がのこりますが、きっと皆さんもそうですよね?笑
まあ、早めの利確でその後レートが急上昇したりして「利確しなきゃよかった」って思うことばかりですけど、それでも1日で考えたらしっかり利益は残せているので、欲は追いすぎず、今は満足な結果です。
これもオレのスタイルかな?!
少しずつ見極めていけたらと思います。
posted at 09:57
Comment(0)
カテゴリー:“FXエントリー” 今日の結果
エントリー:8月17日の結果
2009年08月17日

8月17日C

ユーロ円 買

+29pips

1時間足の直近のサポートラインについた瞬間損切り10pipsに設定してエントリー。
これはギャンブル的な要素があり、あまりよろしくないのはわかっていたのですが‥

1、サポートラインであること。
2、どの時間足をみてもRSIが0%付近にあること。
3、他のテクニカル分析(MACD,ストキャステクス)をみても絶好の買いポイントであること。

により、損切りをすぐ下に入れリスクを減らしたエントリーをしました。

思った通り上昇したが、下降トレンドが強いということに変わりはないので、早めの決済。

今後は、いったん大きな下降トレンドの戻しに入るとみて、買い優勢か‥慎重に見ていきたいです。
posted at 22:18
Comment(0)
カテゴリー:“FXエントリー” 売買状況
エントリー:8月17日C

8月17日B

ユーロ円 売

+13pips

今日はあんまりついてないな‥

17:00からの50pips程度の下落、その前にエントリーしようと思ってたのに、次にチャート見たらもう下落始まってた‥‥
その後もうまく乗れずに結局エントリーできなかった↓

そんでもって、その反転狙ってエントリー!
しかし、今日のオイラにつきはなく、エントリー後またレートが上がり出したのです。
そこは落ち着いて動きをみて、トレンドライン上部付近で下がってきたので、これまた早めの利確を。
ちなみに直近のサポートライン手前で利確してしまいました。

最近、利確を焦ってしまいがちなので反省です。

次の手は‥
これから5分足で若干の上昇もあるとみて、一度様子をみます。
売りが続きそうならトレンドライン反転で売り。
買いに転じたらトレンドライン突き抜けのちの買いサインで買い。
posted at 18:48
Comment(0)
カテゴリー:“FXエントリー” 売買状況
エントリー:8月17日B

柔軟性

FXはとにかく「焦りは禁物」である。

当たり前のことなんだけど、これが意外と難しい‥

私の場合、連敗などして焦りだすと、自分の決めたルールも守らずに、めちゃくちゃなトレードになってしまうことがあるんです。
無理なトレードは命取りです。
エントリーしないことも仕事の内と考え、焦り出したらその日はトレードをしないよう心掛けましょう。


この「焦り」ですが、自分の予想と反した動きになった時に起こりがちなように思います。

絶対レートが上がると自信満々で買ったら、その直後下落した‥とか‥‥

だから、FXをするには、頭の柔軟性が必要ではないかと思います。
トレンドライン等でこうなるだろうと予測することは大事だが、相場は生き物で100%はないから、あまり信じすぎないこと。
柔軟な対応が「焦り」からあなたを救うでしょう。
posted at 18:13
Comment(0)
カテゴリー:“FX” に勝つための心得
エントリー:柔軟性

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。