たくの“FXエントリー”検証ブログ〜初心者から専業トレーダーへの道〜

カテゴリ
2009年09月10日

新しい発見〜ポンド円完成〜

ポンド円での手法が固まったので、分かりやすいよう以前の記事を消してこちらに書きたいと思います。

本来、ポンドとユーロは似た動きをしますが、もちろん逆に動く時もあります。しかし、ユーロ円でのただでさえ安定しているサインをさらにしぼった手法ではある意味全体の方向性を現わしているので、ポンドでも大きく違わない動きをするのです。(もちろん絶対はございませんが‥)

そこで、ユーロ円を基準としたエントリーをします。


●エントリー

ユーロ円の新手法サインと全く同じタイミングのエントリーをします。

≪注意点≫
・ただしユーロ円と同じようなトレンドラインが引けた場合のみの
 エントリーとします。
 もし引けなければ、スキャルピング法も含め、次ユーロ円と合った
 トレンドラインの引けるサインまでエントリーは控えます。
・エントリー時に、FXエントリーのサインも同方向であることを確認
 します。もし違えば、サイン点灯まで待ちます。
・決済はユーロ円での「〜途中利確〜」と同時に持ってるポジション
 を全決済します。つまり、ユーロ円利確時にポンド円では全決済
 します。


●スキャルピング法

@新手法買いサイン点灯中
ARSIの低い(約50%以下の)クロスを確認後エントリー

≪注意点≫
・FXエントリーのサインは一切気にしてはいけません。
・決済は、RSIの黄線が約80%以上の時、ADXの黄線が高い位置
 から反転すれば、即決済です。
・あくまでスキャルピングなので早めの決済を心掛けること。
・新手法サイン反転直前のエントリーは失敗することがあります。
 なので「新手法サインがそろそろ反転するかも?」と思ったら、
 RSIの黄線が約70%付近に来たら決済します。


以上です。

私は、ポンド円に限っては5千通貨での取引から始めたいと思っています。
2009年09月09日

9月9日@

ユーロ円 買  1万通貨

+27pips

スキャルピング。

長いスランプ‥深い反省‥とことんチャートとにらめっこ‥今までの課題を改善した新手法‥

新手法初エントリー初勝利☆

好スタート切れてうれしいです♪

まず30分足での方向性として131.13円付近からチャネルラインが伸ばせます。このラインに沿った動きということで上昇傾向が強いとよんだ。5分足で見たとき、新手法での買いサインがかなり長い間継続中です。RSIが30%付近でクロスしたのを確認後エントリー。勢いよく上昇してくれたので、RSIがまだ80付近に達っしていなかったのですが早めに利確。

今後はまたしばらく様子見です。
新手法売りサインが出れば即売りエントリーですし、それまではRSIの低い位置のクロスで買いスキャルしたいと思います。
posted at 15:35
Comment(2)
カテゴリー:“FXエントリー” 売買状況
エントリー:9月9日@
2009年09月08日

新しい発見

最近のスランプ、損大利小になってしまう日々のトレード‥

これを直すべく考えた新手法‥

この新手法をさらに見つめ直しチャートとにらめっこ‥


試行錯誤して発見したユーロ円での『新手法〜改正版』を記載します。


●サインエントリー

@5分足のローソク足を一段階縮小する。
Aある程度正確な、できるだけ直近の高値or安値を意識したトレンド
 ライン(上昇なら安値を、下降なら高値を結んだもの)を引く。
 ※レンジの時など引けない時は、引けるチャート形成をするまで
  とことん待つ。
Bそのトレンドラインを抜けた、ほぼその瞬間に出た反転のサインで
 エントリーする。

≪注意点≫
・Bの通り、トレンドラインを抜けてしばらく経って出たサインには
 乗ってはいけない。
・エントリー時に「スランプ脱出法」という記事記載の通り、
 RSIの位置と直近のレジスタンスorサポートライン越えを
 確認できれば間違いなくエントリーです。
・損切りはエントリー値直近の(売りなら)レジスタンスの上
 or(買いなら)サポートラインの下に入れます。
・この新手法での買いサイン点灯中、トレンドラインの引けない
 FXエントリーの売りサインが出てもシカトします。
 その後予想通り再度買いサインが出たら下記の
 「サインエントリーpart2」に従います。

例1)新手法買いサイン点灯中、まだ利確基準に達していないにも関わらず、売りサインが出た。
この売りサインは、仮にトレンドラインが引けたとしても、先に出たサインの効力が強いとしシカトします。
すると今度は、予想通り買いサインが点灯した。
この時はポジションを持っているのに、再度利確基準は仕切り直しになり、RSIのいったん下落を待って再度上昇で利確します。

例2)新手法買いサイン点灯中、「●サインエントリーpart2」の買いサインが出た。
その後、まだ利確基準に達していないのにも関わらず売りサインが出た。
この売りサインは、仮にトレンドラインが引けたとしても、先に出たサインの効力が強いとしシカトします。
そして、再度利確基準は仕切り直しになり、RSIのいったん下落を待って再度上昇で利確します。


●決済(買いの場合)

〜途中利確〜

@RSIの黄線がエントリーした後一度下がるのを待つ
ARSIの黄線が再度上昇しおよそ100%の位置にくる
BADXの黄線が高い位置にくる
BADXの黄線が下降を始める
Dこの瞬間利確

〜決済〜

この手法での反転のサインで決済。

≪注意点≫
・この新手法での買いサイン点灯中、FXエントリーの売りサインが
 出てもシカトして上記の決済基準に従います。


●サインエントリーpart2

上記の新手法でのサイン点灯中に同方向の(FXエントリー普通の)サインが点灯したら即エントリーします。この場合の決済は、上記の「●決済」の「〜途中利確〜」の通りです。


●スキャルピング法

@上記のエントリー法でエントリーしていない場合
Aこの手法においての買いサイン点灯中
BRSIの黄線が青線をまたいで下落
CRSIの黄線が再度上昇し、低い位置(約50%以下)で青線とクロス
 直後エントリー

≪注意点≫
・FXエントリーの売りサインが出ててもシカトします。
・このスキャル法での決済は、サインでエントリーした時とは若干
 違います。エントリーした後のRSIの黄線が約80%以上の時、
 ADXの黄線が高い位置から反転を始めたら決済です。
 そして何より早めの利確を心掛けます。
 数pipsでも取れればラッキーくらいで考えましょう。
 特に、この新手法でのサインの反転前のエントリーは失敗する
 こともあるので早めの利確を心掛けましょう。


以上が「スランプ脱出法」をさらに改善した手法となります。
大きくは変わっていないと思いますが、この方が全体的な方向性がつかみやすいのでは?と思っています。


まずは、私は実践して勝てるよう頑張りたいと思います。

てか絶対勝ってみせます!
posted at 23:52
Comment(0)
カテゴリー:“FXエントリー” たくの手法
エントリー:新しい発見

9月7・8日の結果

え〜更新遅れました (>_<)

実は昨日、今日と‥ほとんどトレードできていません。
というより、土日で私が考案した手法のチャンスがなかなか来ないのです。

なので、練習がてらちょこちょこ短期売買していたのですが、あまりうまくいかず‥という感じです。

しかし、ただサボっていたわけではありません!

新しい手法なので、若干怖いという気持ちもあるので、どうすればよりダマシが減るか‥どうすればもっと勝てるようになるか‥必死にチャートとにらめっこしながら考えていました。

そして、また『新しい発見』があり、その手法を固めるのに時間がかかってしまいました。


『新しい発見』による『手法〜改正版〜』は後ほど記事にのせたいと思います。
posted at 22:29
Comment(0)
カテゴリー:“FXエントリー” 今日の結果
エントリー:9月7・8日の結果
2009年09月06日

9月スランプ脱出法A

〜ポンド円〜

今回も買いの場合でお話します。

基本的にはユーロ円と同じとお考えください。
ただ、明らかにサインのダマシの頻度が多いので気を付けなければいけません。

ユーロ円との違いをお話したいと思います。

ずばり、サインの見極め方が違います!
ユーロ円では全く意識しないADXをポンド円では重視します。絶対条件です。

@買いサイン点灯
ARSIの申し分ないクロス
B直近のレジスタンス越え
CADXの赤線と青線がクロスしていて赤線が青線より明らかに上にある

これで初めて『サイン』と呼びます。
ちなみに、ADXの赤線・青線が近くにある場合と、赤線・青線が共に高い位置(およそ半分以上)の時はエントリーしてはいけません。

上記の『サイン』以外は全て完全無視してください。気にしたら負けです。あくまでサインが出てないと思いこみます。


決済・押し目買いのポイントについてはユーロ円と同じです。


このように、ポンド円はダマシに合わないように試行錯誤しましたが、はやりユーロ円の正確性と比べれば劣ってしまうのかなと思います。
なので、ユーロ円の方向性・30分足での方向性を十分に意識しながらトレードに励んだ方が良さそうです。

つまり、私は安全にユーロ円重視のトレードを心掛けようと思います。


※売りの場合は、買いと真逆です。


さあ!
これで、『スランプ』そして『損大利小』をだいぶ反省し、さらに良い対策法を見つけれたのではないかと思っています。

しかし、他にもいくつか反省点が見えたので、書き残します。

・最近サボり気味なので、毎日LIVE講座を受けよう。
・困った時はローソク足を最縮小して全体を見よう。
・エントリーすると、利益・損益がかなり気になってしまい、平常心が
 保てなくなるので、ポジション状況は見ないようにしよう。
・プライドは捨てて『勝つ』ことに専念しよう。

以上です。


勝ちトレーダーになりましょう!
posted at 21:09
Comment(0)
カテゴリー:“FXエントリー” たくの手法
エントリー:9月スランプ脱出法A

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。